←フエルチラシノウラ。トップページへもどる。

【Java】SwingApplicationFrameworkを利用してGUIアプリを作ろう。

Java Swing SwingApplicationFramework 画面 SWT GUI アプリケーション フレームワーク

【Java】SwingApplicationFrameworkを利用してGUIアプリを作ろう。

概要


手間のかかるSwingアプリケーションですが、
この Swing Application Framework というフレームワークを使えば、
割と簡単に綺麗なソースでJava+SwingなGUIアプリケーションが作れます。

環境構築


まずはSwingApplicationFrameworkのダウンロードです。
以下のサイトからソースをダウンロード出来ます。
https://appframework.dev.java.net/

ソース名は、AppFramework-0.60-src.zip です。

アプリ作成のお約束


メインウィンドウ
SingleFrameApplicationをextendsして作る。
例: HelloApplication extends SingleFrameApplication

mainの中では launch(HelloApplication.class, args); な一行を追加。


リソースプロパティ
リソースプロパティファイル名
アプリ名_ロケール.properties
例: HelloApplication_ja.properties

リソースファイルの中身
Application.title = タイトル
Application.id = HelloApplication
Application.vendorId = hogecompany


コンポーネントやメンバ変数にリソースの値をインジェクション
メンバ変数の場合
@Resource private String stringValue;
リソースファイルの記述
stringLabel.text = string:
HelloApplication.stringValue = hoge

いざ、インジェクト実行
getContext().getResourceMap().injectFields(this);


コンポーネントの場合
リソースファイルの記述
myLabel.font = Dialog-PLAIN-32
ラベルを生成
label = new JLabel();
label.setName("myLabel");


アクション
普通のアクションの場合
メソッドに@Actionアノテーションをつける
@Action public void hogeMethod()
ボタンにアクションを結びつける
ActionMap map = getContext().getActionMap();
button.setAction(map.get("hogeMethod"));


処理の長いアクションの場合
Taskをextendsしたクラスを作る
class HogeTask extends Task
Taskを返す@Actionなメソッドを作る
@Action public Task getHogeTask()
setActionする
ActionMap map = getContext().getActionMap();
button.setAction(map.get("getHogeTask"));



ざっくりとこんな感じ。



参考リンク


Swing Application Framework (JSR-296)
http://www.02.246.ne.jp/~torutk/javahow2/swingapplicationframework.html

http://goodjob.boy.jp/chirashinoura/id/151.html

作成日: 2007-09-06 18:47:16

最終更新日: 2007-12-21 14:30:13

▲このページの上へ