←フエルチラシノウラ。トップページへもどる。

【Java】maven2を使ってJavaプロジェクトを作ろう。

Java Maven2 オープンソース ビルド build Apache

maven2のインストール


maven2をダウンロードし、好きな場所に展開しておきます。
展開したら、MAVEN_HOMEにパスを通します。
以下はその例です。
MAVEN_HOME=C:/maven-2.0.4

これで mvn コマンドがたたけるようになります。

Javaプロジェクトの雛型を生成


以下のコマンドでmaven用のJavaプロジェクトの雛型が生成されます。
mvn archetype:create -DgroupId=com.hoge -DartifactId=fooProject

Webプロジェクトとして作りたい場合は上記の代わりに以下のように打ち込みます。
mvn archetype:create -DgroupId=com.hoge -DartifactId=fooProject -DarchetypeArtifactId=maven-archetype-webapp

eclipseプロジェクト化する場合は、出来上がったプロジェクトに移動し、以下のように打ち込みます。
mvn eclipse:eclipse

また、eclipseのWTPプロジェクト化する場合は、出来上がったプロジェクトに移動し、以下のように打ち込みます。
mvn eclipse:eclipse -Dwtpversion=1.5

eclipseプロジェクト化した場合は、eclipseからインポートすればそのまま開発が可能となります。

依存ライブラリをmavenに登録


mavenの pom.xml に依存ライブラリを登録しておけば、管理がとても楽になります。
例えば、以下は MySQL のJDBCドライバを登録する例です。
<dependency>
<groupId>mysql</groupId>
<artifactId>mysql-connector-java</artifactId>
<version>3.1.12</version>
</dependency>

depenenciesタグの間に 上記のようなdependencyタグを付け加えます。

maven2のリポジトリに利用したい依存モジュールが無い場合は、
ローカルマシンのローカルリポジトリにインストールする必要があります。
以下のコマンドで依存モジュールをローカルリポジトリに登録することが出来ます。
mvn install:install-file -Dfile="C:/foo.jar" -DgroupId=hoge -DartifactId=foo -Dversion=1.0.0 -Dpackaging=jar

上記の例は、ローカルのCドライブの直下にある foo.jar というモジュールをローカルにあるmaven2ローカルリポジトリへ登録しています。
例えば、ローカルリポジトリが、
C:/repository/
に存在していたとすると、上記コマンドで、
C:/repository/hoge/foo/1.0.0/foo-1.0.0.jar
という場所にインストールされ、maven2から利用可能となります。

Javaプロジェクトのコンパイル


以下のコマンドで先ほど生成されたJavaプロジェクトのコンパイルが出来ます。
mvn compile

デフォルトだとプロジェクト直下のtargetというフォルダにクラスが出力されます。

参考


mavenのチラシノウラ。

http://goodjob.boy.jp/chirashinoura/id/149.html

作成日: 2007-08-24 14:05:24

最終更新日: 2008-03-24 22:59:47

▲このページの上へ