←フエルチラシノウラ。トップページへもどる。

【確定申告対策】フリーランスのための簡単簿記実務。

フリーランス 確定申告 個人事業者 個人事業主 簿記 仕訳 実務 総勘定元帳 決算 貸借対照表 損益計算書

フリーで仕事をやっている方は必ず通らなければならない道、それが確定申告です。
確定申告が間近になってから慌てたりしないように今のうちからお勉強しておきましょう。

手書きで記録する場合は、用意するノートは2つあればよいでしょう。
ひとつは仕訳を記録するノート。
もうひとつは総勘定元帳。総勘定元帳とは勘定科目ごとの出入りとその相手科目を表す元帳です。

日々の仕訳


日々の取引を仕訳しましょう。
ここでいう取引とは、売上の発生や費用の発生のことです。
仕訳用のノートに以下のように書いていきます。

    仕訳帳

日付 借方    金額    貸方   金額
-------------------------------------------------
1/10 現金   300,000   売上   300,000   ホゲ商事様に売上
1/15 旅費交通費 5,000   現金    5,000   ホゲ商事様へ打合せ
1/18 消耗品費  10,000   現金   10,000
1/20 旅費交通費 5,000   現金    5,000   フガ商会様へ打合せ
1/22 水道光熱費 10,000   現金   10,000
1/25 交際費   10,000   現金   10,000   モゲ工業様を接待
1/28 交際費   10,000   現金   10,000   フガ商会様を接待
1/29 通信費   10,000   現金   10,000
1/31 賃借料   80,000   現金   80,000
1/31 租税公課  50,000   現金   50,000   ○○税を納付



こんな感じ。


日々の仕訳を総勘定元帳にも


仕訳帳に仕訳を記入したら総勘定元帳にも記入します。
総勘定元帳用のノートに以下のように書いていきます。

    総勘定元帳

           [現金]
-------------------------------------------------
1/10 売上  300,000  1/15 旅費交通費 5,000
               1/18 消耗品費  10,000
               1/20 旅費交通費 5,000
               1/22 水道光熱費 10,000
               1/25 交際費   10,000
               1/28 交際費   10,000
               1/29 通信費   10,000
               1/31 賃借料   80,000
               1/31 租税公課  50,000



           [売上]
-------------------------------------------------
                 1/10 現金  300,000



           [旅費交通費]
-------------------------------------------------
1/15 現金  5,000
1/20 現金  5,000



           [消耗品費]
-------------------------------------------------
1/18 現金  10,000



           [水道光熱費]
-------------------------------------------------
1/22 現金  10,000



           [交際費]
-------------------------------------------------
1/25 現金  10,000
1/28 現金  10,000



           [通信費]
-------------------------------------------------
1/29 現金  10,000



           [賃借料]
-------------------------------------------------
1/31 現金  80,000



           [租税公課]
-------------------------------------------------
1/31 現金  50,000




貸借対照表と損益計算書を作ろう。


以上で1月から12月の取引が終わったと仮定して、財務諸表(損益計算書と貸借対照表)を作ってみましょう。
本来なら1月から12月まで仕訳と総勘定元帳の記入が連続的に続けられますが、今回は省略して1月だけの取引で決算としています。

       損益計算書

費用     金額       収益    金額
-------------------------------------------------
旅費交通費 10,000      売上  300,000
水道光熱費 10,000
通信費   10,000
交際費   20,000
消耗品費  10,000
賃借料   80,000
租税公課  50,000
利益    110,000
      --------         --------
合計    300,000          300,000
      --------         --------




       貸借対照表

資産の部            負債および資本の部
-------------------------------------------------
現金   510,000      借入金  100,000
売掛金  200,000      資本金  500,000
                  利益  110,000
      --------         --------
合計    710,000          710,000
      --------         --------




こんな感じ。
貸借対照表にはもともと存在した資産が記入されています。
上記の貸借対照表を見てください。
例えば、1月以前に売掛金は200,000あり、借入金は100,000あり、資本金は500,000あり、現金が400,000あったということが分かります。
それに大して今回の損益計算書で算出された利益110,000が追加された形となっています。


まとめ


ざっと説明しましたが、以上が簡単な簿記実務です。
実際は他にも保険料とか買掛金とか出てきたりするんでしょうが、今回は簡単に説明するために省きました。

大まかな処理フローは以下のとおりです。慣れてしまえば簡単なことです。

[処理フロー]
日々の取引を仕訳して、同時に総勘定元帳へ転記し、
決算が来たら、総勘定元帳の残高を元に損益計算書貸借対照表を作成する。


おまけ


管理人が作ったt帳簿テンプレートExcelシートです。
仕訳帳と総勘定元帳が入ってます。
ご自由にお使いください。
帳簿テンプレート http://goodjob.boy.jp/souko/ledger.xls

http://goodjob.boy.jp/chirashinoura/id/136.html

作成日: 2007-04-22 23:42:34

最終更新日: 2007-04-23 22:04:33

▲このページの上へ