←フエルチラシノウラ。トップページへもどる。

【Java】簡単にLog4Jを使うためのメモ。【ロガー】

Java Logger Log4J log4j.properties 開発

簡単なようで意外と忘れがちな設定ファイルや使い方をメモしておきます。
このメモはWebアプリにLog4Jを設置することを想定しています。

ダウンロード


log4j-x.x.xx.jarをダウンロードします。
Apache LoggingService のサイト。
http://logging.apache.org/site/binindex.cgi


ライブラリの設置


Webアプリの WEB-INF/lib の配下に以下のファイルをコピーします。

log4j-x.x.xx.jar
commons-logging.jar



log4j.propertiesファイルのサンプル。


# ルートはINFOレベルで stdout, file を使います。
log4j.rootCategory=INFO, stdout, file

# コンソール出力(stdout)
log4j.appender.stdout=org.apache.log4j.ConsoleAppender
log4j.appender.stdout.layout=org.apache.log4j.PatternLayout
log4j.appender.stdout.layout.ConversionPattern=%d [%-5p] %c{1} %M - %m%n
## hoge.fooパッケージの配下だけをDEBUGレベルで出力
log4j.category.hoge.foo=DEBUG

# ファイル出力(file)
log4j.appender.file=org.apache.log4j.FileAppender
## C:/app.logというファイルにログを出力します。
log4j.appender.file.File=C:/app.log
log4j.appender.file.Append=false
log4j.appender.file.layout=org.apache.log4j.PatternLayout
log4j.appender.file.layout.ConversionPattern=%d [%-5p] %c{1} %M - %m%n
## hoge.fooパッケージの配下だけをDEBUGレベルで出力
log4j.category.hoge.foo=DEBUG

## ファイル出力(file) ログファイルをローリングさせる場合
#log4j.appender.file=org.apache.log4j.RollingFileAppender
#log4j.appender.file.File=C:/app.log
#log4j.appender.file.Append=true
## 最大1MBまで書き込みます
#log4j.appender.file.MaxFileSize=1MB
## log/app.log.9 まで保持します
#log4j.appender.file.MaxBackupIndex=9
#log4j.appender.file.layout=org.apache.log4j.PatternLayout
#log4j.appender.file.layout.ConversionPattern=%d [%-5p] %c{1} %M - %m%n
### hoge.fooパッケージの配下だけをDEBUGレベルで出力
#log4j.category.hoge.foo=DEBUG



設定ファイルの設置場所


Webアプリの WEB-INF/classes の配下にlog4j.propertiesをコピーします。
eclipseから起動するときは、ECLIPSE_HOMEの直下にコピーします。
ようするにパスが通ってる場所に設置すればOKってことです。


コーディング


Log4Jを利用する場合は、以下のようにコーディングします。

// クラスの宣言部で以下をコーディング。
protected Log log = LogFactory.getLog(this.getClass());

// 出力レベル:INFOでログを吐かせます。
log.info("インフォ。");
// 出力レベル:DEBUGでログを吐かせます。
log.debug("デバッグ。");
// 出力レベル:WARNでログを吐かせます。
log.warn("ワーン。");
// 出力レベル:ERRORでログを吐かせます。さらにThrowableを引数に与えてExceptionの内容も出力させます。
try {
hoge.method(); // exceptionをスローするメソッド。
} catch (Throwable t) {
log.error("エラー。", t);
}

http://goodjob.boy.jp/chirashinoura/id/107.html

作成日: 2006-10-20 18:04:52

最終更新日: 2007-04-14 18:50:23

▲このページの上へ