←フエルチラシノウラ。トップページへもどる。

短時間で効率よく深い睡眠を取る方法。

短時間睡眠法 安眠 快適な睡眠 副交感神経優位 短眠 リラックス メンタルヘルス

以下は短時間ですっきり目覚めるために管理人が実践している方法です。
ここで記載されている「効果」とは、管理人自身が試してみた結果の主観です。


軽い有酸素運動を行う。


例えば、ランニングを1日に15分程度行います。
都会に住む方はランニングできる場所を確保するのが困難かも。
効果:★★


睡眠3時間前以降に食事を取らない。


仕事で遅くまで働いている社会人の方は現実的に不可能に近い。。。
効果:


睡眠1時間前から部屋の明かりを消しておく。もしくは薄暗くしておく。



暗い部屋で気持ちを落ち着かせることにより安眠に不可欠といわれている副交感神経優位を促進するそうです。
効果:★★★


睡眠前にストレッチ。



前屈や後屈、上体を左右に伸ばします。
意外と効果が高いように感じられます。
効果:★★★★★


睡眠前に深呼吸。



息を鼻から大きく吸って、口からゆっくりと吐き出す動作を3分間程繰り返します。
繰り返しているうちに段々頭に血が上るような感覚になります。
その状態のまま横になり睡眠を取ると、翌朝の目覚めが良くなります。カラダもすっきりします。
効果:★★★★


体を暖かくして寝る。



汗をかくくらいに厚着をして寝る方が、翌朝疲れも取れます。
効果:★★★


-- 禁断の早起きテクニック --

枕を高くして寝る。またはソファーで上体を起こしたまま寝る。



翌朝目が覚めやすくなります。
翌朝絶対に遅刻できない用事がある場合などに効果を発揮します。
ただし、疲れはあまり取れませんのでご注意ください。


http://goodjob.boy.jp/chirashinoura/id/105.html

作成日: 2006-10-16 23:57:05

最終更新日: 2007-04-14 17:04:56

▲このページの上へ